LINEを使ったときの告白は20代、30代の男女では30%以上が経験したことのある告白方法です。

中には、若者の約8割がLINEでの告白経験アリという調査結果もあるほどです。

LINEでの告白

それだけLINEはメジャーな告白方法になっているのですが、人気のある理由がしっかりあります。

LINEで告白するのが人気な3つの理由

  1. 対面で告白するよりも簡単に告白でき、気まずくなりにくい。
  2. LINEは使っている人の数が多く、好きな人にアピールしやすい。
  3. LINEには「メール、通話、ビデオ通話」の3通りの告白方法がある。

LINEで告白するのはアリ?

アリかナシで言えば、アリです。

実際、直接会って告白しても、LINEで告白しても、結果に大差はありません。

また、LINEやメールでの告白のほうが、後々気まずくなりにくいメリットは大きいと思います。

とはいえ、LINEやメールでの告白よりも、対面での告白のほうが成功率はあがります。

まったく気にしない人もいますが、告白する時は対面がいいという女性が多いのも事実です。

できるなら、男らしく対面で告白するのが、最も成功率は高いでしょう。

また、告白する時の言葉やメッセージは、シンプルに「付き合ってください」「好きです」などの言葉が人気です。

そして、告白する時間帯は夜から深夜帯を狙うと成功率が少しあがります。

 

 

LINEで告白する前にしておくことは?

もちろんLINEで気になる女性を口説けないわけでは決してありません。

しかし、リアルで口説けない相手に対して、LINEでなら口説けたなんてことはありえません。

ですので、両方の特性を活かし、上手に距離を縮めていくのが理想といえるでしょう。

ということで、ラインで告白する前にやっておくべきことをまとめます。

LINE vs リアル どっちが口説きやすい?

 

その1. 告白しても振られないくらいの関係性をきずいておく

これが結構大事です。

当たってくだけろ精神は、たいていの場合はくだけるだけで終わります。

「もうこれ確実にいけるだろ?」ってなったら、告白しましょう。

理想としては付き合う少し前から、ほぼ彼氏彼女みたいな関係になっているのがイイんですけどね・・・

その2. 好意を小出しにしておく。

ある程度仲良くなったら、本気か冗談かわからないような内容で好意をみせていきましょう。

人は誰しも好意をむけられると、その人ことが気に入ってきます。

例えばで、いつも自分のことを褒めてくれる先輩や後輩を嫌いになったりはしないですよね?

もちろん下心バレバレの好意は、あまりイイ印象を持ってもらえなかったりしますが。。。

その3. 3ヶ月以内の告白

出会った日の翌日に告白!なんてのは軽薄な男性に思われるかもしれませんが、なるべく早めの告白のほうが成功率はあがります。

オススメは、やり取りを開始してから1ヶ月後くらいです。

あまりに時間をかけていると、相手があなたのことを友人のような関係で見てしまうので。

 

告白に関してはやはり、リアルでできるならその方が良いとは思いますが、

リアルの関係性の上でならラインで告白するのも成功するでしょう。