LINEの手抜きが相手にバレてるかも?LINEをする時、やっぱり多少なりとも

性格がでるのがほとんどだと思います。

 

だからこそ、普段手抜きクセのある人は

LINEをする時も要注意です。

 

しかしそれでも、相手に手抜きだと思われないくらいの

テクニックは身につけておくのが良いでしょう。

 

どんな行為が手抜きに思われるのか?

代表的なものだけですが、ここで紹介するものと同じ失敗をしないよに心がけましょう。

01. 適当なあいづち

「だよね〜。」「へぇ〜。」といった曖昧な返答が相手女性をイライラさせる原因になりえます。

既読スルーを回避するために、とりあえず返信してきた、適当なLINEだと思われます。

あなたへの印象が悪くなってしまう可能性もあるので、気をつけてください。

02. 深い話(真面目な話)に浅い返答

真面目な相談などに対する「大変だったね〜」「なんとかなると思うよ」といった、浅い返答に、イライラする女性は多くいます。

話を真剣に聞いてないと思われる可能性が高いので、注意してください。

かといって、正しいと思われる答えを言っても逆にイライラされるケースもあります。

話は同調しながら、まずは聞くことに専念してください。

03. SNSと同じ内容をLINE

ほぼコピペで、SNSの投稿と全く同じ話題をLINEしてくる男性に、呆れるパターンも最近増えているようです。

ものすごく怒る人もいるのと、単純に失礼なのでやめることをオススメします。

画像、文章ともに多少なりとも内容を変えるのが、最低限のマナーです。

これは、最近本当に増えてきた傾向がありますね。

 

短文でもいい加減な奴だと思われない、LINEやメールの返信パターン

女性が喜ぶLINEでの短文LINEでは、あまりにそっけない短文は、

基本的に「いい加減な返信」とみなされてしまいます。

男性の多くは、あまり長文を打つのが好きでない方がほとんどなので、

面倒に感じますよね?

 

だからと言って、長文はもっと嫌がられることが多いんですけどね・・・

 

ひとまず今回は、短文でもいい加減な奴だと思われない、

LINEやメールの返信パターンを紹介します。

 

1. 最後に絵文字やスタンプが入っている

普段あまり絵文字やスタンプを使わない人なら、短い文でも「気を使ってくれたんだな!」という印象をもってもらえます。

なるべくポジティブな印象の絵文字やLINEスタンプを使うといいでしょう。

 

2. 女の子を褒めた文

「周りをよく見てるよね!」「気配り上手だね!」「努力家だね!」など、

女の子を褒めた文は、一言だけでも、いいイメージをあたえられます。

変に余計な言葉を書くよりも、下心が見えにくいので使いやすいですよ。

 

3. いいね!すごいね!といった感嘆文

感情をストレートに伝える文は、どういいのか?どうすごいのか?を伝えなくても、

話の流れで感情が伝わりやすい短文です。

 

4. ありがとうや感謝の言葉

感謝の言葉は、短文でもいい加減な印象をもたれません。

いくら使っても損する言葉ではないので、ちょっとしたことでも使っていきましょう。

 

5. 相手の名前を入れる

「◯◯のおかげだね」といった感じで、短文でも相手の名前をいれてあげるだけで、

思いやりのある感じのメールになります。