LINEはいまや10代20代で最も使われているSNSです。

メールの代わりに使用している方も非常に多いのではないかと思います。

中にはこれまでにLINE等で、下手な駆け引きをうって嫌われたりしたことはありませんか?

LINEで駆け引き!うまくいく時といかない時

LINEでは、確かに駆け引きのテクニックがあります。

しかし、全ての駆け引きは相手が自分に好意を持ってくれたとき、初めて効果を発揮します。

まずは、最低でも脈ありの状態まで気になる子を自分に振り向かせておくことが必要です。

 

LINEでの恋の駆け引きテクニック集

1. 返信のタイミングをわざと遅らせる

いつもは、返信がはやいのに急に返信がぐんと遅くなると、なんとなく気になりまりませんか?

相手の女性には申し訳ないですが、「なにか悪いこと言ったのかな?」と、勝手に気にしてもらいましょう。

ただし、相手の女性があなたに気がない内からこれをしていると、効果はゼロです。

また、何度も何度も使っていいテクニックではなく、駆け引きをしていることが相手にバレると、逆効果になってしまいます。

2. わざと既読スルーをする

いつもは既読になってから、返信までが早いのに対して、たまにはわざと返信を遅らせるテクニックも1番と同様に使いこなしましょう。

本当にたまに使うから効果があるのであって、いつも使っていると、普段から既読スルーをする人と思われたり、「はやく返事返してよ」と相手を怒らせ嫌われるだけになります。

またコチラの手法も、自分に気のない女性に対しては使わないようにしましょう。

3. そっ気ない態度、冷たい返信をする

たまに冷たいメールやそっ気ない態度をとると、「どうしたのかな?嫌われたのかな?」と心配されます。

ただし何度も繰り返すと、「メールしててつまらない」「すぐ機嫌悪くなって面倒」と思われて嫌われてしまいます。

また、何度も使ってわざとなのがバレると、一気にウザいと思われるようになる可能性も高いです。

 

4.わざと間違いメールを送る

LINEをしていると、確かに間違ってメールを送ってしまうこともあるのかもしれません。

実際に、男性からも女性からも「間違いメールか?」と思われる内容は届いたことがあります。

でもそれよりは、スペルミスとか画像の送り間違いのほうが多いですよね。。。

あまり頻繁に間違いメールを送ることは、通常ではありえませんよね?

間違いなら返信しなくていいかなっと思い、

そのまま既読スルーされることも珍しくありません。

 

ということで、注意点としては

何度も間違いメールを送ると、わざとやってることがバレてしまい、幻滅されやすいでので

1回までにしましょう。

 

また、このテクニックは有名なので、モテそうな子は、

既にこのテクニックを何度も使われているので、なんとなく不自然さに気づきます。

気づかれたら最後。

気持ち悪いな〜と思われて、そこでお終いです。

ある程度の効果があるのは事実ではありますが、

嫌われるリスクも高いのでオススメはしません。

どうしてもLINEしたいなら、素直にメールを送った方が得策だと思います。

もし、このまま連絡がこなかったら終わりにしよう!と決意しているなら、話は別ですけどね。

 

すべてのテクニックに関してですが、バレると逆効果です。

ですので本当に、たまに使うだけにして、相手が自分に対して「脈あり、興味あり」と思った場合のみ、これらのテクニックを使ってみてください。

なお、これらのテクニックを使うのが苦手そうな人は、素直な気持ちをありのまま伝えましょう。

最初にも言いましたが、下手な駆け引きは逆に嫌われることもあります。

うまくいくかいかないかは結局、脈ありをきちんと見極め、適切なタイミングで駆け引きテクニックを使えるかどうかにかかっています。

使う時は、十分にご注意ください。

 

5.LINEで既読をつけずに本文を読むテクニックとは?

LINEである程度、女性と仲良くなったあとは駆け引きをする段階になります。

とはいいつつも、初心者にとっては気になる女性からのメッセージは気になって仕方ないもんです。

既読スルーが相手にバレない

ダメだーと思いながらも、ついつい本文を見てしまってはいませんか?

でもそれでは駆け引きにならないので、相手に既読はつかずに、自分だけ本文を読むテクニックを教えちゃいます。

 

1. 通知表示かトーク画面で本文を確認

トーク画面をひらくと、30文字程度だけですが、本文を読めます。

このままトーク画面からすすまなければ、相手に既読マークはつきません。

もし緊急性があれば即レスするべきですが、そうでなければ少し暗い放置するのも恋愛駆け引きのテクニックかもしれません。

2. 相手に気付かれず、本文全てを読むテクニック

相手の送信してきたメッセージが30文字を大きく超える場合、本文を読みたい衝動にかられてしまうこともあるかもしれません。

そんな時に使えるテクニックを紹介します。

  1. まずはLINEを開いてトーク画面に移動します。
  2. 機内モードをオンにします。
  3. トーク画面から本文を読みます。
  4. LINEのアプリをバックグランドからも閉じて、ホームに戻ります。
  5. 機内モードをオフに戻します。

この手順通りすすめると、なぜか相手に既読はつかないのに、本文はつかないのです。

ただしその後にさらに相手からメッセージがきた場合や他の人からメッセージがきて、LINEを開いたら・・・

その瞬間に相手に既読マークがついてしまいます。

ですので、相手にばれずに本文を読めるのは、1通目と2通目の間の時間だけなんです。

とりあえず、いざという時の駆け引きテクニックとして覚えておくと重宝しますよ。

 

6.ひさしぶりにLINEで連絡をとる時のテクニック

前は結構連絡とってたのに、最近は連絡とってないなぁ〜という相手はいませんか?

でも、しばらく連絡とってない相手だと、なんて連絡すればイイのかなと悩みますよね。

ひさしぶりに連絡をとるときのLINE

そんな時に使える、不自然にならないLINEの送り方をご紹介します。

実際、しばらく連絡をとってなかったけど、一通メールを送ったことがきっかけで仲良くなり、デートにこぎつけたりすることも、そこまで珍しくありません。

自然なパターンをまとめたのでぜひぜひ実践してみてくださいね。

 

その1. ひさしぶりー!元気?

その他にも、「おはよー!元気してる?」など、定番中の定番ですがLINEで送りやすい内容です。

受け取った相手にも不自然に感じさせないので、有効な内容といえます。

その2. 誕生日おめでとう!

その1以上に自然なメールで、おそらく最も自然なひさしぶりメールの送り方かもしれません。

このメールをきっかけに、「病院の仕事まだ続いてる?」など、数通のやり取りなら不自然なく続けられます。

その3. この前見かけた、この前話題になった

「この前◯◯で見かけたんだけど、今・・・」「この前友達が◯◯のこと話してたんだけど、最近・・・」など、この前をきっかけにした話題は自然な内容です。

少なくとも、その話題については盛り上がる可能性が高くなります。

その4. SNSの投稿や写真からの話題

SNSで海外旅行に行ってきた投稿があったり、LINEの写真に新しい料理の写真があったりした時は、連絡チャンスです。

SNSやLINEでの登録写真や投稿は、自分に興味のある内容である場合が多いので、それをきっかけにした話題で十分に盛り上がります。

ひさしぶりに連絡する時のきっかけとしては、ハードルは低いですよ。