最近は合コンや飲み会意外にも、

新たに出会いの場として注目されている街コンや婚活パーティーですが、

連絡先を交換した後のLINEに迷う方が多くいるようです。

machikon

街コンや婚活パーティーはそもそも、彼氏彼女を作るための出会いの場です。

この時に、相手の趣味などをよく聞いておけば、その後のデートにも誘いやすくなります。

あなたへの印象がよく、その後のやり取りでもいい印象をあたえ続ければ、付き合える可能性も低くはありません。

 

初デートに誘うまでのやり取りの流れは?

まず第一に、最初のメールはその日のうちに送りましょう。

街コンやパーティーでは、男女ともに多くの異性と連絡先を交換するので、

一番盛り上がった話をまじえて、質問すると返信率が高くなります。

例えば、こんな感じです。

「今日は◯◯と話せて面白かったよ。ありがとう。そういえば、◯◯が話してたアーティストの曲名って何だっけ?」

くらいの感じでしょうか。。。

相手が興味のあることに対する質問や話題に関するメールは基本です。

他にも、

 

  • お礼や相手を気遣う内容のメール。
  • 物の貸し借りや◯◯を教えてほしいなどの用件メール。

相手が自分に好意をもっているのがわかれば、はやめの段階でデートに誘ってもOKです。

あなたへの印象が悪くなければ、食事くらいは誘いだせるようになります。

 

しかし、まだそこまで距離を縮めれてない場合は、3日〜1週間程度に一回ずつメールを送ってみるのでいいでしょう。

最初から、がっつきすぎていると引かれる可能性もありますからね。

新たにメールを送る場合も、相手が返信しやすいメールを心がけるように気をつけましょう。

当日に仲良くなったり、その後のやり取りで仲良く慣れば、デートはシンプルに誘ったので、問題ありません。

ただし、相手がまだデートに乗り気ではない場合、仲良くなることにまた時間をかけて、1〜2週間後くらいに、再度誘ってみるといいでしょう。

この時にしつこく、「いつなら空いてるの?」とくいさがっていると、相手の女性の気持ちも引いていきます。

一度あいまいに断られたら、「じゃぁまた誘うわ」と、仕切り直せばいいですよ。

正直メールやLINEのやり取りも少なくてかまいません。

 

初デートの約束をした後のやり取り

そして肝心のデートの約束をした後も、基本的にはやり取りの頻度は同じです。

デートの約束ができたことに浮かれて、急にこちらから毎日メールやLINEを送ったりするのは考えものです。

正直メールやLINEでの連絡は、デートの約束の日が近くなった2〜3日前と、当日の連絡だけで十分なくらいです。

そうすることによって、下手な好意を相手に悟られることもありません。

当日にドタキャンされる人の大きな理由は、デートの約束をとってからのがっつき具合や勘違い具合がひどい為です。

モテない男性の多くは、デート出来るのをイコールで俺のことが気になってるはずくらいに思いがちです。

しかし女性の多くは、まだそこまで考えてなく品定めしている段階というのがほとんどです。

実際にデートをして、その結果がよければ次につながりますし、そうでなければそこで終わりなのです。

そこをしっかり理解して、メールやLINEを使いこなすことが重要です。