女の子と仲良くなると、頻度があがるのが相談事です。

男性と違い女性は、コミュニケーションをとるのが大好きなので、相談事も結構多くあります。

女の子から相談を受けた時に送っちゃいけないLINE例文

当然その際に送ってはいけないLINEもあり、間違いひとつがLINEブロックにつながることもあるのです。

相談された時にLINEで送ってはいけない返信例文とは?

01. もっと大変な人はいるよ!皆結構苦労してるから!

他人と比較されること、自分の大変さがわかってもらえないことなど、どちらにせよ元気は出ません。

とりあえず話を聞いてあげるなどの気遣いをしてあげましょう。

02. 適当にやりなよ!

考え方の違いなのかもしれませんが、「相談相手間違えたなー」と後悔される可能性が高いですね。

確かに、そんなくだらないことは適当にやっとけ! と思うような相談はありますが、禁句です。

くだらねぇ〜と思っても、ひとまず話は聞きましょう。

それだけで満足する女性も多いですからね。

03. 別れてよかったね!別れちゃいなよ!

今付き合ってる彼氏や別れたばっかの彼氏など、ブーブー文句を言ってるのに同調すると批判をかうことがあります。

自分は文句を言ってもいいけど、他人に言われるのは嫌! というよくわからない理論です。

別れて正解みたいな言い方はしない方が賢明です。

セールスでも同じなのですが、女性の意見をうまく肯定だけしてあげてください。

仕事でも恋愛でも有利に働くことが多いですよ。

04. 大丈夫!頑張れ!

「大丈夫だよ」と「頑張れ!」は、簡単に使える言葉である一方、真剣に話を聞いてない印象をあたえます。

大丈夫だと思える理由をそえたり、頑張ってるよね! など、現状を認めてあげる方が効果的なことが多いです。

簡単に使える言葉だからこそ、下手な使い方をして女性に嫌われない要注意が必要です。

 

上から目線のメッセージにも注意

相談されたときに限らずですが、

LINEでの上から目線のメールは、評判が悪いです。

しかし無意識にそれをやっちゃってる人があまりにも多いんです。

上から目線なLINEは女性から嫌われる

女性に嫌われる上から目線なメールとは?

無意識な内に、こんなメールを送ったりしてませんか?

もし送っているならすぐにでもやめないと危ないですよ。

彼女でもない相手にこんなメールを送っていたら、遠くない内に嫌われてしまいますよ。

もちろん、相手が彼女でも上から目線は嫌がられるので注意が必要です。

01. 偉そうな呼び方をする

お前、君、親しくもないのに下の名前を呼び捨てで呼ぶのは、偉そうな印象をあたえてしまいます。

02. お前って◯◯だよな!といった決めつけ

お前と呼ばれることも嫌ですが、さほど親しくもない相手から、なにかを決めつけられるのは良い気がしません。

それが仮に合っていたとしても、あまり良い印象はもってもらえませんよ。

03. そんなこと知ってるよ。という知識豊富アピール

本当に知っていることなのかもしれませんが、「そうなんだね」と答えてあげるくらいの余裕は欲しいところです。

できれば、話を広げたり驚いたリアクションを取ったり、盛り上げてあげるくらいの優しさがほしいところです。

04. なかなかやるじゃん!といった、上から目線

「何様?なんで上からなの?」と思われるだけです。

対等な目線で、普通に褒めてあげたので十分です。

05. 永遠に続く自慢話

知識や過去の武勇伝を聞かれてもないのに話すのは、ただの自慢になってしまいます。

自慢になってしまいそうなことは、聞かれない限りは話す必要はありませんよ。

例え本当にすごい話でも価値が半減してしまいます。

06. 「◯◯してあげてもいいよ。」という提案

◯◯してあげてもいいという言い方が、既に上から目線と感じます。

「買い物に付き合ってあげてもいいよ」「連れて行ってあげてもいいよ」ではなく、「買い物に付き合おうか?」「一緒に行こうよ」などと、言い方を少し変えるだけでも、上から目線感が減ります。

07. 俺が言ってることわかってる?という確認

女性は「本当は話が理解できてないんでしょ?」とバカにされているように感じます。

08. 話の途中で「要するに・・・」と、話をまとめだす

女性の話を最後まで聞かずに、「要するに・・・」「つまり・・・」と話を勝手にまとめる人は、話を聞いてくれない人認定されてしまいます。

また、上から目線でバカにしてるとマイナスな印象をもたれてしまいます。

 

相談を受けた時は話を聞いて欲しい時なので

余計なことは言わず、とりあえず親身に話を聞くべきです。

相手が具体的な自分の意見を求めてきた場合のみ、

自分が話すくらいでちょうど良いです。