誰かセックスさせてくれないかな・・

誰でもいいわけでもないけど誰でもいいんだ。

 

自分が出会い系サイトを始める前の20歳の頃の気持ちだ。

 

当時自分は高校を卒業して大学受験に失敗し、

浪人といいつつほぼ勉強せずたまにバイトをするといった感じの

だらだらしたニートのような生活をしていた。

 

友人の多くはもう童貞は卒業している。

普通、またはそれ以上の人なら

もうとっくに童貞卒業していても良い頃なのに、

自分はまだセックスをしたことが無い。

 

どんな感じで、どんな流れでするものなんだろうか。

このまま行くと、女性に対する求めるレベルも無駄に上がり、

自分は何をどうしたら良いのかが

年を重ねるにつれてなお一層わからなくなりそうな気が当時していた。

 

いや、当時はそもそも、もうわからなくなりかけていた。

それ以前に、彼女はどうやって作ればいいのか?

もはや手段の大部分を失ってしまっている以上、

取り返しがつかない自分が見えたのを覚えている。

 

昔は彼女がいない、したことない、それくらいどうでもよかったし、

周りの人が彼女を作って、

あいつとあいつがしたらしいだのもどうでもよかった。

 

でも、よくよく考えれば、

それを聞いてもっと昔の地点から焦るべきだったし、

自分の行動や性格、考え方を見直すべきだったのだ。

 

でも、実際は何もしなかった。何もしないまま高校までを卒業し、

大学生受験にも失敗し、同じく何もしない慣性で生きようとしていた。

 

将来の大きな目標として、(自分の固定観念ではあるけれども)

生物としてのもっとも大きな目標である、子孫を残すこと、

すなわち結婚して子供を作るということをいずれは叶えたいと思っているのに、

この歳になって明らかに周りより遅れていると焦っていた。

 

子孫を残すということは競争である。当時自分はそう思い始めていた。

 

まず人間を除いて考えると、競争の面がよく見える生物がいる。

例えば、特に猿なんかはわかりやすく、カースト付けがあり、

その上位層しか子孫を残すことができないらしい。

 

猿以外にも、オス同士が戦った上で子孫を残せるかどうか決まるような種もあったと記憶してる。

結局、人間も生物である。

いずれ死んでしまうし、自分はそれが恐ろしいし想像もつかないが、

だからこそ自分の子孫を残さなければならないと。

 

他人に直接どう思うかは聞いてみたことはなかったが、

同じように、子孫を残すことこそ人生の最終目標と思っている人が大多数なのではないかと思う。

最終目標ではないという人も、目標の1つなのでは、あるいは目標だったのではないかと思う。

 

この遅れを取り戻すために、

付き合い方から何から教えてくれるような人がいたらいいと思っていた。

しかし、そんな人はそういるものでもないし、

自分で人を探して経験を積んでいくしかないんだと思った。

経験を積む手段として、強引な、世の中的には異端な方法だけれども、

出会い系を手段の一つとしてみたいと思って登録した。

 

まあ当時登録したのは全部悪質の出会えない系サイトだったのだけれども笑

 

でも当時思ったことは今でもはっきり覚えているし、

間違っていないと思う。

 

生物としての競争というものを意識し始めてから

恋愛以外にも色々自分を変えようと火をつけるきっかけになった。

 

出会い系サイトで童貞卒業した体験談

悪質出会い系サイトにはそこそこつぎ込んでしまったが(泣)

その後色々調べ、当サイトで紹介している優良出会い系サイトの存在を知った。

 

かたっぱしから全部登録し、

とりあえず1000円ずつポイントを購入した。

 

そうして今思えば本当にたまたまだが、

運良くPCMAXでキャバ嬢と出会うことになった。

相手もおそらく欲求不満で、住んでいるところも近かったので

とりあえず近くの居酒屋で飲もうという話になった。

 

会ってみると、スタイルも細身でそこそこ可愛かった。

 

相手の方が2個年上で、

ご飯を食べた後、うちで宅飲みをしようということになった。

 

俺は童貞であることを恥ずかしくて言えなかったが、

おそらく相手は気付いていたのかもしれない。

 

キスしておっぱいを揉んで、

初めて女性のアソコを触った。

 

予備知識はあったのでなんとかクリトリスらしき場所を触り、

反応して濡れてくると急いでゴムをつけて挿入した。

 

しかし、腰もうまく動かせず、

その日は結局射精には至らなかった。

 

遅い時間になり、彼女が泊まっていくことになったので

翌朝、もう一度セックスし、無事射精もすることができた。

 

 

一度やってしまえば2人目以降はあまりハードルを感じず、

出会い系サイトだけでなく、ナンパしたりもできるようになった。

 

当時からすれば随分成長したなと思うが

まだまだ目標としている場所は遠い。

 

それでも恋愛や女性というものは確実に自分をレベルアップさせてくれるものであることは

間違いない。

 

実際の内容は出会い系サイトやアプリを使って

女の子とセックスするだけのサイトかもしれないけど

もしかしたら昔の自分みたいな人が人生を変えるきっかけになるかもしれない、

いや、そうなったら良いなと思います。